« エケベリアの花々 | トップページ | 鷺草-銀河の物語 »

2016年7月 1日 (金)

フクリンオノマンネングサの開花

『フクリンオノマンネングサ』です。

160701_1

『姫笹』という別名もあります。

〈フクリン〉とは〈覆輪〉と書き、葉の縁が白くなっていることを言います。
つまり、『オノマンネングサ』という種の斑入りというわけです。

『オノマンネングサ』の真緑の葉に比べると、こちらは緑がパステル調で柔らかく、それが白と相まって、とても涼やかです。

時々、緑が全然ない真っ白の枝が出ますが、とてもか弱く長持ちしません。
葉緑体がなく、光合成できないためです。

160701_2

でも、この枝↓のように緑の部分がいくらか入っていると、普通に育ってくれるようです。

160701_3

ただし、夏にガンガン直射日光に当てるのは避けたほうがいいでしょう。

今年つぼみの気配が感じられたのは4月中旬。

160701_4

5月下旬のつぼみ。

160701_5

そして、6月に入って開花が始まりました。

160701_6

明るい黄色の花は、まさしく「星のよう」で、陽射しにきらめいています。

« エケベリアの花々 | トップページ | 鷺草-銀河の物語 »

ベンケイソウ科セダム属」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211191/66294897

この記事へのトラックバック一覧です: フクリンオノマンネングサの開花:

« エケベリアの花々 | トップページ | 鷺草-銀河の物語 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ