« フクリンオノマンネングサの開花 | トップページ | 今年のつくし »

2017年2月27日 (月)

鷺草-銀河の物語

鷺草の球根を掘り出しました。
品種名は『銀河』。
1024年夏、母が昔から鷺草を欲しがっていたのと、私も斑入りの葉に惹かれて、迷わず購入しました。

0227_1

その年は、7、8輪以上も次々に開花して、「本当に白鷺が飛んでいるようだ」と感動したものです。

0227_2

翌年3月3日、初めての球根掘り出しを経験。10個ありました。
土の中から見つけ出した時は、本当に嬉しかったです。

0227_3

植え替えて、水を絶やさず、見守っていましたが、芽が出て、葉も伸びたものの、去年出合った時のようにはすっくと上に伸びない……
なかなか花芽も出てこない……

0227_4

調べてみると、水道水より弱酸性の雨水をやった方が良いということが分かりました。

それからは雨水を溜めて遣り続けたのですが、1輪しか開花しませんでした。
もっと早くから勉強しておくべきだったと、後悔です。

翌年は、掘り出すのが遅くなってしまって、もう芽が出ていたので、根も伸びていたら傷めたら怖いので、植え替えはしませんでした。

そのせいか、また1輪のみの開花となりました。
0227_5

今年は早めに2月中旬に植え替え。
鉢を空けると、5つ出てきてくれました。
1つはちょっと芽のようなものが見えます(この時期は芽が出ていても根がまだなら、去年も植え替えてあげればよかったな……)。
0227_6

鹿沼土が土壌を弱酸性から酸性に傾けてくれるということなので、それを8割、観葉植物の土を2割くらいにしました。

事情があって、雨水をあまり溜められなくなってしまって、HB101を入れると水を弱酸性にできるらしいので、今のところそうして水遣りしています。

10日経った現在、まだ土から芽は出ていません。
どうか、あの何羽も飛び交う白鷺たちを、再び見られますように……お願いします!

« フクリンオノマンネングサの開花 | トップページ | 今年のつくし »

ラン科」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/211191/69744415

この記事へのトラックバック一覧です: 鷺草-銀河の物語:

« フクリンオノマンネングサの開花 | トップページ | 今年のつくし »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ