カテゴリー「ガーデニング」の記事

2014年6月 3日 (火)

『ベゴニア』 初めての品種

近所に新しくスーパーセンターができました。

開店の朝、入店した私は園芸コーナーへ直行しました。
もちろん、多肉植物目当てです。
何年か経ったとき、「これが初めてあそこで買ったやつ――」と言えるものを、とワクワクしていました。

4段ほどの棚に、小さいのからちょっと大きいの、寄せ植えなど、いろいろありました。
でも、欲しいものはなく、ガッカリしながらぐるりと棚を回って、観葉植物のコーナーへ。

そこで目に留まったのが、この赤黒い血脈のような模様でした。
初めて見る観葉植物です。

0140603_1_2


名札を見ると、何と『ベゴニア』!
私が今まで慣れ親しんだ『ベゴニア』とは、かなり違っています。

花茎がグーーンと伸びて、花のつき方も変わっています。
でもその蕾を見ると、やっぱり見慣れた『ベゴニア』の花とそっくりです。

0140603_2


茎にも赤い筋が切れ切れに入っていて、白い柔らかい毛が茎と葉に生えています。

0140603_3


迷わずこれが"開店記念植物"となりました。

帰って調べてみると、"根茎性"というタイプのようで、名前は『クロズル』。
どういう意味かは不明ですが、『クロヅル』じゃなくて残念です。
"黒い鶴"だと詩的なのに……。

蕾はなかなか開いてくれず、やきもきさせられましたが、4月に入ってちゃんと咲いてくれました。ごくごく薄いピンクで、形はまさしく『ベゴニア』の花です。
でも花びらの枚数が違いますね。

0140603_4


買って来た日から約一か月後、植え替えをしました。
鉢から抜いてみると、小さな四角いスポンジに根付かされていて、それがまっ黒でした。

そのスポンジを取り除く時に根を傷めてしまったのか、植え替え後うまく育たず、やむなく挿し木をすることにしました。
すぐに土に挿すのが正しいやり方のようですが、水に挿して様子を見ることにしました。
土に挿してしまうと、根が出たかどうか見えませんから、不安です。

そして待つこと約二週間――。
ついに根が出てくれたのです。

0140603_5


それから二十日ほどそのまま水栽培を続けた後、土に植えつけました。

今は植えつけて4日ほど経ったところですが、どうやら元気でピンッとしてくれています。
土を乾かさないように注意が必要です。

"日差しに当てないように"、"空中湿度を好むが、根は過失を嫌う"などなど――
とてもデリケートな品種らしく、これからとても神経を使いそう……。

せっかくの"開店記念"なので、お店と同様に末長いお付き合いができれば、と願っています。て

2012年5月12日 (土)

母の日にパンジーゼラニウムを

今年の母の日には、母の好きな花「ゼラニウム」を、と考えてはいたものの、花の色に迷っていました。
どの花色も見慣れていて、いまいち「これだ!」と思える色が思い浮かびませんでした。

それが、今月7日に別の買い物で近くのホームセンターに行って、下見のつもりで花屋さんのコーナーに寄ったとき、この鉢に目が釘付け!

パンジー?
かなり姿が乱れていますが、葉のつき方とか、全体の雰囲気がゼラニウムっぽい……

C120512_1

名札を見ると、「パンジーゼラニウム」というではありませんか!
何と、ぴったりのネーミングでしょう(^^♪
まさしくパンジーのお顔立ちですね。

C120512_2

香りを確かめると、ちゃんとゼラニウム独特の薬草のような匂いがあり(重要ポイントです)、辺りを見回してもこの1鉢しかなくて、もう迷わずレジに直行しました。

葉は青みがかって、ふかふかの白い毛で覆われています。

C120512_3

調べてみるとかなり繊細な種類だそうで、ちょっと不安ですが、心を配って母同様に長生きしてもらいたいと思っています。

2010年5月10日 (月)

母の日に、愛を込めて

昨日の母の日に、近所の種苗店へ出かけました。

母も私もカーネーションは特に好きではないので、カーネーションは念頭になかったのですが、着いてみるととても目を引く美しいカーネーションに出会ってしまいました。

つややかなクリーム色の花びらに、赤紫の鮮やかな縁取り。
初めて見るカーネーションに、すっかり心を奪われてしまいました。

100510b_2b

名前は「パフェ」。甘く可愛らしい名前ですね。

花も蕾もたくさんついていて、これからまだまだ目とハートを和ませてくれそうです。

100510b_2

2009年11月 6日 (金)

懲りずに挑戦!

母の誕生日にシクラメンの花を贈りました。

Si001

近所のホームセンターなどには、赤や、深紅、赤紫、純白、純白に濃いピンクの縁取り、薄紅色……と、しっとりと艶やかなシクラメンがひしめき合っています。

その中から、この濃いピンクに白が溶け合った花びらを選びました。

色合いが同じで奥が赤い色をしているのはたくさんあったのですが、この一鉢だけ、赤い部分がありませんでした。

Si001b

以前、赤や白や、珍しい薄い黄色い花のシクラメンを買って、あっという間にダメにしてしまった苦い思い出があります。

それで、「シクラメンは保ち続けるのが難しい」と分かってはいたのですが、「もうこれしかない!!」と即決でした。

一鉢だけ売れ残っていたのが不思議なくらいで、とても「縁」を感じています。
(黄色いシクラメンのときは、もっと「縁」を感じていたっけ(^_^;)……)

2009年10月20日 (火)

初めましての虫

ベランダの鉢植えの整理をしているとき、茂った葉の奥に隠れていたこの虫が、飛び出してきました。

また見たこともない虫。

Pa200011

面白い形をしているので、急いでカメラを持ってきて、撮影した後は、ベランダから外の草むらに放してやりました。

2009年4月23日 (木)

ゼラニウムに続いて

ゼラニウムの白い花が咲きました。

ベゴニアも白い花が咲いていますが、なぜかカランコエは、白い花のやつだけ咲いてくれません(^_^;)。
カランコエの白花は、葉の色がちょっと薄くて黄緑なのですが、か弱いのでしょうかね?

ところで、私はゼラニウムの葉の薬草のような香りが好きです。
鉢を動かすたびに、その香りが鼻をくすぐって、必要もないのに鉢を移動させたりしています(~_~)。

Ze001

2009年4月22日 (水)

我が家の白い花

白いベゴニアの花が一つ二つ咲きました。

冬に入る前は、赤やピンクの花のベゴニアもあったのですが、いつの間にか白だけが残っています。

冬の間、葉っぱの色がすごく薄くなっていて心配していました。
でも、白花だから葉の色も薄いのかも、と思ったりもしていたのですが、暖かくなって、水をしっかりやるようになると、濃い緑の葉っぱになってくれていました。

それでも株全体の状態はあまり良くありませんでした。今も全体的にしょんぼりという感じです。

そんな中でけな気に咲いてくれて、まるで「力を振り絞って咲いた」という感じです。

B001

挿し芽をして、仕切り直してあげたらいいのかも知れませんね。

2009年4月13日 (月)

花盛り

キク科オステオスペルマム属「オステオスペルマム」の白花です。

よく似た花で、「デモルフォーセカというのがあって、私には区別がつきません(^_^;)。
我が家では、「デモルフォーセカ」として育てています(^_^;)。

紫花も持っていたのですが、冬の間に朽ち果ててしまいました。

この白花は、厳しい冬を乗り越えて、薄紫の縁取りも美しい花を咲かせてくれました。

D004a_2

いくつかのつぼみも待機中で、これから楽しみです。

開きかけって、こういう風↓なんですね~(゜o゜)

D004b

2008年12月10日 (水)

支離滅裂なスタッキー

サンセベリア「スタッキー」です。
どんどん葉の数が増えてきました。しかも、すごくまとまりがなくなっています。
まず、葉の色が透けてしまって白くなっている葉↓。カラカラカサカサなので、水が足りなかったのかな、と思います。

Pc060012

ほかに、平たく生えてきた葉、元株のように尖がり筒型葉になっている葉。

Pc060018

そして、最初は平たかったのに空洞ができ始めて、尖がり葉に変化しつつあるような葉もありまして、これは先っぽから尖がり(筒型)葉になりそうな気配もあります……。

Pc060015

2008年11月 7日 (金)

元気なスタッキー一家

サンスベリアのスタッキー(多分)が元気いっぱいに育ってくれています。

Pa270012

新しい葉っぱたちは、親のようにくるんととんがり帽子状にはなってくれませんが、模様は受け継いでいるようです(^_^;)。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ