カテゴリー「ユリ科ハオルチア属」の記事

2008年4月30日 (水)

ハオルチア属「十二の巻」

ユリ科ハオルチア属「十二の巻(ジュウニノマキ)」。

我が家には1つ「十二の巻」があったのですが、それとは違う種類だと思って花芽のついた葉の模様もきれいなこの株を、数週間前に購入。
ぐんぐん茎が伸びて伸びてびっくりしています。

Juuni002

花は、同じくハオルチア属のプリングレイの花とそっくり同じです。

Juuni002b_3

それよりも以前に買っていたもう1つの株は、花茎の気配なしです(^_^;)。

Juunib001_3

「十二の巻」には“太い模様”と“細い模様”の2種類あるようで、違うと思ったのですが、どうやら同じようです(-_-;)。

2008年4月22日 (火)

ハオルチア属「京の華錦」

ユリ科ハオルチア属「京の華錦(キョウノハナニシキ)」。

我が家に来たときはみずみずしくて美しかったのですが、↓

Kyounisiki001

冬の間に葉が茶色く変色してしまって元気もなくなりました。↓

Kyounisiki001b

植え替えをするときに変色した葉と子株たちをちぎり取り、根っこが生えていた子株は植え付け、そのほかは乾燥中。子株も茶色くなってます。

Kyounisiki002b

傷んだ葉をもぎ取られた元株は蕾が嬉しいですが、また茶色くなりそうな気配も……(-_-;)。↓

Kyounisiki002

“錦”ものはどんどん増やしたいので、葉挿しが成功するかとっても楽しみです(^.^)。

2008年4月11日 (金)

ハオルチア属「宝草」

ユリ科ハオルチア属「宝草(タカラグサ)」。

我が家に届いたときは親指の先くらいの小さな株↓でしたが、だんだん育ってきています。

Takara002_3

つぼみを付けた様子は「京の華」と瓜二つで、名札がなかったら私には見分けがつかないでしょう(^_^;)。

Takara003

2008年4月10日 (木)

ハオルチア属「京の華」

ユリ科ハオルチア属「京の華(キョウノハナ)」。

買って来たときからグッタリと元気がありませんでしたが↓、

Kyo001

夏を超え、冬を過ごすうちに下の葉が茶色く痛んできました。
傷んだ葉をもぐとすっかり小ぶりになってしまいましたが、しっかり蕾をつけてくれています(^.^)。

Kyo002

2008年4月 6日 (日)

ハオルチア属「緑寿」

ユリ科ハオルチア属「緑寿(ミドリコトブキ)」。

我が家のつぼみ付きハオルチア第二弾です。
これは買って来たときから葉が開き気味で、あまり美しい姿ではありませんでした。

でもみずみずしい子株をつけてくれているし、つぼみもグングン伸びてとても丈夫な元気な子です(^.^)。

Midoko001

2008年4月 5日 (土)

ハオルチア属「寿」

ユリ科ハオルチア属「寿(コトブキ)」。

買って来たばかりの頃は、ムチムチとまん丸く形が整っていたのですが、今では真ん中が凹んでいたりとグダグダに崩れてしまっています。

Kotobuki001

でもしっかり子株たち&つぼみを付けてくれています(^.^)。

2007年12月 3日 (月)

プリングレイの花

先月、気がつくとハオルチア属のプリングレイに何やらニョキッと出てき始めていました。

002b

初めての花芽らしきものの発見と、日に日にグングン延びてくる茎にワクワクしていましたが、今こんな感じです。

003b

花が開くのかと思っていたのですが、これが「プリングレイの花」らしいですね(^_^;)。
ちょっとガッカリですが、買ったときに付いてなかった花芽が、我が家で付いてくれたのには大感激です(*^。^*)。
現在でも何だか延びているような気がします。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ