カテゴリー「ベンケイソウ科コチレドン属」の記事

2016年5月16日 (月)

ペンデンス

先日、近所のホームセンターで、『ペンデンス』に再会しました。
C0516_1


ぷっくり丸い葉の形とゼリービーンズのような風合いに惹かれて、以前もこちらで購入したことがあるのですが、うまく育てられませんでした。

とても惜しくて、また出合えることを願い続けていたのです。


でも念願かなってせっかく手に入れたというのに、私としたことが……!
精算して、次の買い物先へ歩き始めたとき、レジ袋の中で不安定な鉢を直そうとして、コンクリートの床に落してしまったのです(>_<)!

本体の方は土まみれ、千切れ飛んだ葉はすべて拾い集め、家に帰ってから土を洗い流すように薬剤を霧吹きしました。

もともと徒長してぐったりだれていたこともあって、仕立て直しはしないといけないと思っていたので、翌日切り戻し、きれいなのだけ切り穂として残しました。
C0516_3

しかし三日後、植えつけようと改めて見ると、全てが多かれ少なかれ傷みがあったのです。
残念でしたが、まだ元株もあることだし、廃棄しました。
土が乾いたら植え替えをします。
C0516_4


ところで、切り戻したときに傷んだ葉を除いていると、1つ発根している葉がありました!
コチレドン属は葉挿しが難しいといわれているので、びっくりです(^o^)!
C0516_5


そういえば、前の『ペンデンス』も、いつの間にか根が出ていたことがあります。
C0516_6

もっと以前には、同じコチレドン属の『熊童子』の白斑の葉も、何か月か放っておいたら発根したことがありました。
でも、どちらも育ってはくれませんでした。

『ペンデンス』の元株の方も、あまり元気いっぱいという感じではありませんが、このせっかくの発根葉とともに、みずみずしいゼリービーンズの葉っぱを茂らせたいと思います。

2015年11月30日 (月)

ティンカー・ベルの開花

コチレドンの『ティンカー・ベル』が三年ぶりに開花しました!

三年前に、つぼみがついたのを買ってきたとき、花をつける多肉が私にとっては珍しいことだったので、その花の優しい色合いに感動したものです。
1130_1

1130_2

翌年も楽しみにしていたのですが、その年はせっかくつぼみをつけてくれたのに、陽に当てすぎてしまって、無残にもつぼみは干からびてしまいました。
1130_3

去年は、春に切り戻しをして小ぶりな挿し木にしたため、花をつけるほど成熟できなかったとみえて、つぼみすらつきませんでした。

そして今年、九月下旬に、小さなつぼみを発見!
1130_4

しかも、こんなミニミニ鉢の方だったので(この写真は今年三月の)、窮屈そうなのに、本当にびっくりしました。
1130_5

この鉢には、二本植わっているのですが、もう一本の方にも、もっと小さなつぼみが見えました。
1130_6_2

でも、それからが長かった!
葉と同じように白い粉を刷いたようなつぼみは、のんびりのんびり大きくなっていって、大きくなってもなかなか開きません。
それでも、少しずつ赤みが見え始めました。
1130_7

そしてついに、11月24日の朝、開いてくれていたのです!
1130_8

懐かしい、釣り鐘型にうつむいた花。
初めて見た時のように、ときめきました(^^♪

次の日↓
1130_9


鉢を持つと、花がゆらゆら揺れて、本当に可愛らしいです。
もう一つのつぼみも、早く咲いて、二つの花が揺れ合うのを見られないかなあと期待しています。

ちなみに、去年切り戻したとき、小さな小さな切り穂はこのミニミニ鉢に、そしてもう少し大きな切り穂は小さな朱温鉢に植え付けましたが、そちらもちゃんと育っていたのにつぼみはつきませんでした。
朱温鉢の方が、根に良さそうなのに……
多肉植物というのは、何が花をつける要因になるのか、とても難しくて不思議です。

2013年2月18日 (月)

子猫の爪のこと

先日、また嬉しい出合いがありました。
コチレドン属の「子猫の爪」です。

5年以上前に、何度かネットで購入したことがあるのですが、その頃はそんなに思い入れがなく、ダメにしてきてしまいました。

それが去年の春、近所のホームセンターで、不意に出合えたのです。
ネットでしか買えないと思っていたその珍しい出合いに即、大ファンになっていました。

お値段は、¥198。
小さくて、ちょっとはかなげで、でもチョコンと葉を立てている姿の可愛らしいこと(●^o^●)。

0130218_1

そして大事に、大事に見守り、育てていたのです。
――が!!

去年の酷暑の夏、暑い暑いベランダに置いていてはいけないと、部屋の中に避難させたのが、間違いでした。
日を追うにつれて、葉が一枚、二枚と落ちていき、ついには何にもなくなってしまいました。

0130218_2

我が家にはクーラーがないけれど、日中は冷風機と、夜中は扇風機で風が当たるから大丈夫、と思ったのですが――
本当にゴメンナサイ・・・

それからずっと後悔と、またこの手で「子猫の爪」を育てたい、と渇望する日々。
でもやっぱり近所のお店にはなかなか出回ってきません。

ネットショップや、オークションでたまに見かけても、¥198で買えたことを思うとネットではちょっと高いし、送料もかかるので、贅沢かなと我慢していました。

そしてついに、再会できたのです!
いつも行く花屋さんで、入荷されたばかりの多肉たちの中に、彼女はいました。

0130218_3

「熊童子」よりも細い爪の葉に、ビロードの優しいお肌!
しかも、去年の春のより大きい、とても立派なご様子。

若い爪には産毛がふさふさ……(^^♪

0130218_4

ドキドキとお値段を見ると、何と¥120でした!!!

「もう、あるだけ買ってやる!」と意気込んだんのですが、それ一つだけしかありませんでした。

2株に見えたので、1株ずつ分けて植え替えるつもりでしたが、1株でした。
春になったら、切り穂にして殖やしてみようと思います。

0130218_5

冬ももう終わりかけ、ちょっとずつ暖かくなっています。
これからまた思いがけない、ときめく出合いができそうで、期待が膨らみます。

2013年1月22日 (火)

夢のような出合い

おととい、近所のホームセンターで、夢みたいな買い物ができました!
何と、インターネットでしか見たことのない、「熊童子の黄斑」に出合ったのです!!

0130122_1_2
今まで数度ネットで購入してきた「熊童子の黄斑」。
こんな片田舎には出回らないだろうなと諦めていて、他の方のブログに「近所のホームセンターで手に入れました!」とか書かれているのを見ては、羨ましく感じていました。

でもそんな貴重な「熊童子錦」を、決して安くはなかったのに、すべてダメにしてきてしまった私――。

ネットショップで買うと送料がもったいないし、ヤフーオークションでもなかなか出合えなかったり競り落とせなかったり。
そして去年の暮れに、やっとヤフーオークションで「熊童子黄斑」を2苗手に入れることができ、大満足で大切に育て始めました。

とにかく、私にとっては「熊童子錦」は、そういうめったにうちに来てもらえない、とても恋しい存在だったのです。

0130122_2_2

それが、馴染みのホームセンターで、遭遇するとは!
もう、心が跳ね上がりました!

お値段は、¥298。
本当に夢みたいです。

0130122_3_2

きっと3株植わっているでしょう。
3鉢に分けて植えよう♪ 鉢はどれにしよう♪ と今あれこれ悩んでいます。

0130122_4_2

2013年1月 1日 (火)

熊童子の黄斑たち

ヤフーオークションで落札できた「熊童子」の「黄斑」の切り穂たちです。

0130101_1

0130101_2_3

発根促進剤をつけて植えつけたのは、去年の26日。

植えつけたときは、ちょっとグラグラ不安定ぎみでしたが、今触れてみると何だかシッカリしている!
もしかして、もう根っこが出てたりして?!

まさかね……。

多肉の中でも、特に好きな「熊童子」。
今年の春に挿し穂した斑入りじゃない「熊童子」たちは、夏の酷暑も無事に乗り切ってくれて、今は部屋の中でのんびり春を待っています。

0130101_3

2008年10月29日 (水)

挿し木の熊童子

元気な子シリーズです。
ベンケイソウ科コチレドン属「熊童子(クマドウジ)」。

元株はダメになってしまって、これは全部、去年挿し木したものです。

Pa230028

こんなに窮屈そうなほど元気に育ってくれて、とても嬉しいです。

2008年5月11日 (日)

コチレドン属「熊童子」白斑たち

ベンケイソウ科コチレドン属「熊童子」の白斑たちです。
今、3株あります。

1が初めて我が家に来た子です。去年の8月の初旬に購入しました。すごーく小さくてとても心配でしたが、何とか小さなか弱いままながら無事に生きてくれて、この春に植え替えをしようとしたとき、何と根元にもっと小さな子株ができていました(^.^)。それが2の子です。
2つとも鉢はモンダミンの蓋です(^_^;)。

Kumasia001c

3は去年の8月の下旬に購入。これもあまり元気がなさそうな割りに、無事に夏~冬と生き延びてくれました。
暖かくなってきて、白く美しい葉を出してくれています(^.^)。

Kumasib001

2008年5月 9日 (金)

コチレドン属「熊童子」黄斑たち

ベンケイソウ科コチレドン属「熊童子(クマドウジ)」の黄斑たちです。
4株あります。
そんなに丈夫ではないようで、夏も冬も目が離せませんでした(^_^;)。
暖かくなってきて、どうにか新しい葉も出始めました。
我が家に来た順にご紹介します。

まずは別々のネットショップで購入した2株↓。

Kumaki002z

上の2株のうち1株の1枚の葉が、去年の夏ごろポロッと取れてしまって、惜しくて捨てられず、土に挿していたもの↓。
コチレドン属は“葉挿しに向かない”らしいのですが、何か月もそのままにしていたある日引っくりかえしてしまったとき、根っこが生えているのを発見!!
それからずーっと何の変化もなかったのですが、春になって新しい葉が出始めました(^^♪。
まだ斑は見えませんが、感激です(*^_^*)。

Kumakisasi001_2 

4株目は去年の秋ごろにネットオークションで手に入れた大き目の株↓。
届いたときはもっと生き生きしていたのですが、ちょっとくすんできてしまっています。

Kumakiy002

2007年8月22日 (水)

夏バテのコチレドンたち

連日酷暑が続いています。私もバテバテですが、多肉植物たちも苦しそうです。
特にコチレドンたちが参っているようです。

まず熊童子。ちょっと前までは元気だったのに、最近、軽く触っただけでポロポロと葉が取れたり、ぐったりとしています。

Kuma005_5   

そして先月購入した、念願の子猫の爪&熊童子の黄斑と白斑の超赤ちゃん株たち。

子猫と黄斑のほうはまあ頑張ってくれてますが、白のほうがこれもポロポロ葉が取れて瀕死の感じです(*_*)。

Koneko004_2 

Kumak004_2

2007年7月27日 (金)

子猫の爪と紅彩閣

子猫の爪が健気に育っています。

下の葉がひとつポロッと取れてしまったり、まだまだ茎がグラグラと弱々しかったりして心配なこともありますが、一番若い芽が大きくなってきているので、無事に育っているんだと思います(^^)v。

Koneko002

紅彩閣の新芽も次々と出現しています。
古い棘が邪魔して窮屈そうなので、今度整理してあげます。

Kou004

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ