カテゴリー「ベンケイソウ科エケベリア属」の記事

2016年6月30日 (木)

エケベリアの花々

エケベリア属の開花が続いています。

まずは『大和錦』。

4月の初めに芽生えた花芽は、中旬にはもう一つ出現しました。

160630_1

つぼみは徐々に色づき、膨らみ……

5月下旬。
内部は濃い黄色、外はオレンジピンクの釣鐘形の花を見せてくれました。

160630_2

『銀武源』は、少し早く3月中旬に花芽が出ましたが、

160630_3

開花は『大和錦』よりも遅く、6月中旬でした。

形は似ていますが、うつむかずに背筋を伸ばしている感じです。
内側は明るいオレンジ。
そして、外側は葉と同じで、うっすらと白い粉がふいているようです。

160630_4

毛むくじゃらの『フロスティ』は、4月初めに花芽を確認しました。
でもこの花芽は、初めは単なる子株だと思っていたのです。

160630_5

それがいつの間にか、「ただの子株とはちょっと違う」ようになり、つぼみだと確信しました。

開花は6月上旬でしたが、あまりパッチリは開かず、花も一つだけで少し淋しかったです。
『銀武源』のような明るいオレンジの花は、外側が葉と同じく産毛が生えています。

160630_6

今の季節、ちょっと暑そうですね(^_^;)。

2014年1月 6日 (月)

冬に出合ったエケベリアたち

去年の11月末ごろ、近所のホームセンターで出合った初めて見る不思議な多肉。

0140106_1

桃色がかっていて、

0140106_2

斑入りのような模様が入っています。

0140106_3

名札には『エケベリア』としか書かれていなくて、必死で検索しまくりました。

でも全然分からず、数日経って諦めかけたころ、ようやく名前を突き止められました。

その名は『デコラ』。
斑が入っているのを『斑入りデコラ』と呼んでいる方と、ただ『デコラ』と呼んでいる方がいます。
そこでまた、斑が入っていない『デコラ』を検索しまくりましたが、見つけられませんでした。

『デコラ』という響きが、ゴージャスできらびやかなので、「斑入り」を付けなくてもちゃんとこの多肉を表わせていると思います。

もう一つは、去年の12月末ごろに同じお店で出合った『フロスティ』。

0140106_4

去年の夏に、元気で大きな『フロスティ』を買うことができて、ブログにも載せて、「大切に育てます」なんて宣言していたにも関わらず、酷暑でダメにしてしまって、ガックリきていました。

それが再び出合うことができたのです。

この可愛い、優しい、美しい繊毛……

0140106_5
今度こそ、心して世話して行きたいと思います。

2013年6月23日 (日)

『フロスティー』

昨日は、降り続いていた雨が小休止。
久々に傘を持たずに出かけられました。

この季節、多肉たちにとって愉快な季節じゃありません。
新しい多肉がお店に並ぶのは、もう秋頃になってからかな、とあまり期待せずにホームセンターに寄ってみました。
すると!

新顔がいくつか並んでいました!

一番に目に留まったのは、白くて毛むくじゃらのエケベリアの『フロスティー』。
以前、このホームセンターに売られていたとき、買いそびれて、ちょっと後悔していた多肉です。
もし、また出合えたら買ってみたいな、と密かに願っていました。

0130623_1

しっかりめの白い毛で覆われていて、『熊童子』の毛とはまた違う、手触りの良さです。

0130623_2

子株も負けずにびっしり。

0130623_3

茎にもはびこっています。

0130623_4_2

ズームすると結構長めの毛で、子猫や子犬などの可愛い動物を連想しました。

0130623_5

これからしょっちゅう撫でてしまいそうです。

2011年1月 1日 (土)

咲きましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

つぼみのまま夏を迎え、酷暑に耐え、秋が来て心地よい涼しさが訪れても、咲くことのなかった我が家のハムシー。
どんどん気温が低くなってきて、本格的な冬になって……
そしてようやくつぼみの一つが、弱々しいながらも花開いてくれました!

Ha101228

早く、植物たちのご機嫌をわかってあげられるようになりたいものです。

2010年5月27日 (木)

新たな命

子株がどんどん出てきて、茎が木の幹のように太くなってしまっていたハムシー。
二ヶ月ほど前に、枝分かれしていた子株たちを挿し穂にして、

Ha100527c_1

何もなくなって小枝のようになってしまった茎は、その辺に放ったらかしにしていました。

が!
今日気がつくと、何とその枯れ枝から小さな芽が出ていたのです!
もうビックリ。そして感動しました。
見向きもされなくなっていたのに、ひっそりと小さな命を発露させて。

Ha100527c

これから、大切に大切に、見守っていきたいと思います。

2010年5月25日 (火)

銀武源の第二開花

ベンケイソウ科エケベリア属「銀武源」の第一花群が咲き終わって、待機していた第二花群が開花しました。

初めの花群はたくさん花がついて豪勢でしたが、それと子株たちに栄養を取られているからでしょうか、花はたったの二つぽっちです。

Ginbugen100525c

でもこれはこれで、可愛らしさを感じさせてくれますね。

Ginbugen100525c_1

2010年5月16日 (日)

新たに開花

ベンケイソウ科エケベリア属「青大和」が開花しました。
赤オレンジに先が黄色のくっきりカラー、硬質のすべすべ素肌の花です。

Yao100512_1

次のつぼみたちも、成長中です。

Yao100512_2

2010年5月 1日 (土)

エケベリアの花

ベンケイソウ科エケベリア属「大型静夜」の、淡い黄色の花が咲いています。

Os100404_1

鈴蘭のようにうつむいた顔が連なって、清楚で愛らしい花です。

Os100410_1

2010年4月24日 (土)

エケベリアの花

ベンケイソウ科エケベリア属「銀武源」の鮮やかなオレンジの花が咲きました。
Ginbugen100421

葉と花の裏は、白く粉をふいたようになっていて、明るい中にもしとやかな趣があります。

Ginbugen100421_1

2009年11月10日 (火)

ベランダの彩り

ベンケイソウ科エケベリア属「銀武源」が、5月に続いて花をつけてくれました。

今私のベランダは、冬本番に向ってとても淋しい限り。
花といえば、先日母の誕生日に買ったシクラメンと、この「銀武源」の花だけです。

Ginbugen011

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ