カテゴリー「ベンケイソウ科アエオニウム属」の記事

2013年2月 2日 (土)

アエオニウム・ミステリー

「熊童子黄斑」を手に入れたその日、ホームセンターの温室には新しい多肉たちがたっぷり入荷されていました。
それでいくつか買ったわけですが、その中に白くて柔らかな葉っぱのがありました。

0130202_1

「アエオニウムだな」とは思ったのですが、名札はなく、「サンバーストの状態の悪いやつだろう」と結論して、サンバーストなら綴化のを2鉢も持っているので買わずに帰りました。

でもそれから何度か通ううちに、何か気になるのです。

「アエオニウムの何だろう??」と見るたびに悩む日々。

「サンバーストなら、もっと葉の縁がピンクになってもいいはずだけど……」
「白い葉っぱに緑の模様だから、愛染錦?」
「愛染錦にしては、葉っぱが柔らかすぎるし……それとも管理の仕方のせいで、ヘラヘラになってる?」

「日が経つにつれて成長していけば、サンバーストか愛染錦かわかってくるかも……」と踏んでいたのですが、いつまでたってもサンバーストのようなピンクは出ず、愛染錦のように硬くもならない――

0130202_2

同時にネットで「サンバースト」と「愛染錦」で検索しまくり、いろんな状態の株を見まくっても、この不思議なアエオニウムのような状態のは見つかりませんでした。

それが、あるお店の「アエオニウム属」のページに、同じ姿・色合いのものを見つけたのです!
その名も「艶日傘」!

「艶日傘」というのは、実は前からたまにネットで目にしていたのに、まったく気づきませんでした。

改めてヤフーオークションや、ネットショップで検索してみると、ほとんど売られていません。
それで俄然、ほしくなってしまって、ホームセンターへGO!
緑の多肉たちの中で、白くて目立つからもう売れてしまったかも……とちょっと諦めていましたが、残っていました!

0130202_3

値段は¥198。
素晴らしい出会いに感謝です。

2011年1月29日 (土)

けな気なサンバースト

カランコエと同じく、真夏のちょっと前にあちこち剪定して切り穂にしてしまったサンバーストの綴化。
あんな酷暑がやってくるとは露知らず、形が悪くなってきたのですっかり切り刻んでしまったのでした。

そうしてできた何本かの切り穂を、真夏の間家の中に避難させて見守っていたのですが、それらはすべてパー。
ゴミ箱行きにしてしまったのです。
珍しい(と思う)綴化だったのに、本当にガックリしました。

でも!
何と、真夏のちょっと前のもうちょっと前に切り穂にして、なかなか根が生えないので諦めて外の棚の日陰になるところに放ったらかしにしていた数本の切り穂たちに根が生えていたのです!!小躍りして、そして大反省もして、大事に土に植えつけてあげました。

0110129_1

それが今↓、スクスクと育って、元気に冬を過ごしてくれています。

綴化のままの穂もあれば、綴化でなくなった穂もあります。不思議……。
手前の右手、小さいのが集まっているのは綴化のまま、ほかはどうやら普通のサンバーストに先祖返りしたように見えます。

0110129_2

2008年12月21日 (日)

あの「サンバースト」と運命の出会い

いつの間にかダメにしてしまった「サンバースト」。
我が家には「ムーンバースト」と「夕映え」というアエオニウム属が元気な姿を見せてくれていて、また「サンバースト」が欲しいな、と思っていました。
「ムーンバースト」と対にすべき、という誘惑が頭から消えませんでした(^_^;)。

そして、昨日、近所のホームセンターに寄ってみると、なんと見覚えのある色合いの植物があるではありませんか!

でも、色合いは「サンバースト」でも、姿かたちが「サンバースト」ではなく、初めはクラッスラの「サルメントーサ」かと思ってしまったのですが、名前を見ると「サンバースト」!!
もう、内心狂喜乱舞で、迷わず購入しました。

Pc200029

帰って来て、名札をもっとよく見てみると、「綴化(てっか)」と書かれていました。
本で、何となくは知っていましたが、よく分からない現象です(^_^;)。
あまり丈夫ではない、などとも書かれていて、ちょっと心配ですが、ちょっと紅葉もしていて美しいので、がんばって育てていこうと張り切っています!(^^)!

2008年12月18日 (木)

紅葉シリーズ2 ムーンバースト

ベンケイソウ科アエオニウム属「ムーンバースト」。
買ってきたときと比べて、葉がだいぶ減ったものの、「夕映え」と同様、今日も木枯らしの中、微かに葉の縁が紅葉した美しい色合いを見せてくれています。

M002

「サンバースト」はいつの間にかダメになってしまいました。
「ムーン」と対になった!と喜んでいたのに、残念です。
いつか、また出会えますように……。

2008年12月15日 (月)

紅葉シリーズ1 夕映え

ベンケイソウ科アエオニウム属「夕映え」、冬でもイキイキしてくれて、とても親孝行です(*^_^*)。

Y001

写真では写しきれませんでしたが、新顔が3方向から出てきています。

Y001b

かすかに紅葉もして、とても美しい姿を見せてくれています。

2008年8月 6日 (水)

ムーンバーストが仲間入り

ベンケイソウ科アエオニウム属「ムーンバースト」。

P7240020

名札には「サンバースト」と書いてあったのですが、「ムーンバースト」に間違いないと思います。

色合いが美しいです。

連日の酷暑で、多肉植物たちがどんどんダメになってしまいました。サンバーストも同様で、美しかった葉が全部失くなってしまい、今は茎だけになっています(-_-;)。
涼しくなったら、新芽が出てきてくれることを祈っています。

2008年6月12日 (木)

ちょっとガッカリ

先日ホームセンターで一目惚れした多肉植物です。
名札には「サキュレント succulent」とあって、アエオニウム属っぽいけど知らないやつだわ(^^♪と思って買ったのですが、調べてると「succulent」って「多肉植物」のことだったんですね……(-_-;)。

それに植え替えてるときに気づいたのですが、これってアエオニウム属の「愛染錦(アイゼンニシキ)」のようです(-_-;)。

わが家にある「愛染錦」は、白いというかクリーム色の美しい模様がありますが、これにはないので、やっぱり違うものかも……と期待半分、多分「愛染錦」だろうなーというあきらめ半分で過ごしていました。

そして!!

枝分かれしたうちの一つの葉っぱに白っぽい模様が入ってきました。
やっぱり「愛染錦」……でしょう……。

S001

2008年4月 1日 (火)

アエオニウム属「サンバースト」

ベンケイソウ科アエオニウム属「サンバースト」。
先日近所の花屋さんで購入しました。

以前から存在は知っていたのですが、本の写真やインターネットで見たときには、そんなに心惹かれなかったのですが、実際に肉眼で見るとすごく色合いが美しくて、迷うことなく連れて帰りました(^.^)。

Sun001

2008年3月 3日 (月)

アエオニウム属「黒法師」

ベンケイソウ科アエオニウム属「黒法師(クロホウシ)」。
冬型種らしく、夏はあまり元気がなかったのですが、真冬の間も普通に大丈夫でした。モリモリ育ってくれたということもありませんが。

Kuro002

これから暖かくなっていくので、グングン育って増えていってくれることはないんでしょうけど、黒い葉っぱに一目ぼれして買った1株なので、大事に見守っていきたいと思っています(^.^)。

真っ黒い葉は、よく陽に当てていないと葉の中心から緑色が覗き始めます。
それもきれいだったりするのですが、やっぱり黒い葉が魅力の個性的な子なので、その個性を充分受け継いだ株が増えていってくれるように、と願っています。

ご近所にはこんなにりっぱな群れが植えられているお宅があります。黒光りしてます、うらやましい……。目標です!(^^)!。

Kuro000c
Kuro000b

2008年1月18日 (金)

お気に入りアエオニウム「愛染錦」

同じくアエオニウム属「愛染錦(アイゼンニシキ)」です。

去年の夏に初めての「愛染錦」を買ったとき、とても小さな株で、植え替えるときに葉に土がついてしまって、それを水で洗い流したら、2、3日して見ると葉に黒いカビみたいなのがついてました。水が乾いてなかったんですね。
ギョッとして、カビのついた葉を除いてしばらく様子を見ていましたが、新しく生えてきてもまた黒いカビ……その葉をまた取り除けて……としているともう全然葉がなくなってしまいました(-_-;)。

か弱い品種で、私には難しいのかも……と思いましたが、でも美しさが忘れられなくてもう一度チャレンジ。
また小さな株を購入して、今度は何とか無事に美しい葉を茂らせてくれています。

Aizenb002

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ