カテゴリー「ベンケイソウ科クラッスラ属」の記事

2014年3月 1日 (土)

『火祭りの光』

近所のホームセンターで、『火祭り』の斑入りバージョン、『火祭りの光』に出合いました。
『火祭り』の方はよく見かけていましたが、斑入りは私の知る限り初めてのお出ましです。

0140301_1

葉の縁がピンクに染まって愛らしい姿になっています。

0140301_2

よく見ると、その縁を細い毛が取り巻いてギザギザして見えます。

0140301_3

2008年、このお店でサボテンの寄せ植えを2鉢買ったとき、その中にこのような↓植物がそれぞれに植わっていました。

0140301_4
その頃はまだ多肉生活を始めて間もないこともあり、何ていう植物なのか分からないまま育てていました。

それから時は流れて、もうとっくに無くなってしまったあの葉っぱは『火祭り』だったんだと知ったのですが、昔の写真を見返すと、同じ『火祭り』のはずなのに、こんなに葉の色が違ったりして、とても興味深い! 大事に取っておけばよかった、と惜しまれます。

2013年11月16日 (土)

クラッスラ 傷だらけの『花月錦』

我が家には今、『金のなる木(花月)』系のクラッスラが2種類あります。
まず1つ目は、去年の冬に買った『姫黄金花月』という葉っぱの小さな可愛い子。

0131116_1

その日一緒に『花月錦』という名札のついた、クリーム色の斑が大きく入った大きな葉っぱのも買ったのですが、これは大きすぎて場所を取ってしまうので、切り戻して小さな挿し穂を残したところ、うまく根付いてくれず、今はありません。

0131116_2

『姫黄金』の方は、挿し穂からうまく根付いてくれて、酷暑も乗り切ってくれました。
10月9日から短日処理をしていたのですが、あまり小さい株のうちは難しいのか、ついに花芽は見られませんでした。
来年に期待しましょう。

もう1つは、同じ花屋さんで先日買って来たこの子。
初めて見たのは、確か先月の初め頃だったと思います。
名札はついていませんでしたが、クラッスラの『花月』系というのは分かりました。

0131116_3

当初からご覧の通りの痛みようで、虫に食われたり、切断されて、あちこち茶色くなっていましたし、そもそも私は『金のなる木』系そのものにあまり惹かれないので、それの斑入りであっても特に欲しいとは思えませんでした。
(『姫黄金』とクリーム色の『花月錦』は、実は『金のなる木』が好きな母のために買ったものです。)

でも、その花屋さんを訪れるにつけて、「まだ残ってる」「まだ廃棄されてないのか……」と気にかかるようになり、毎回その存在を確認せずにはいられなくなったのです。

斑入りといっても、前に買った『花月錦』とは違う斑の入り方、そして色も違います。
名前を調べると、これこそが『花月錦』というらしく、前のクリーム色の花月は、どうやら『新花月錦』だったようです。
名前がはっきりすると、いっそう愛情が芽生えてきて、心はだんだん「買おうかな」の方へ傾いていき、ついに先日我が家の一員となったのでした。

あちこち傷だらけで痛々しいですが、凛としていて、白がとてもしとやかに感じます。
斑の部分はへこんでいるんですね。

0131116_4

茎の部分までが斑になっているとは、嬉しい発見でした。

0131116_5

新しい葉の赤ちゃんも出てきています。

0131116_6

私は今まで、ちょっとでも痛んでいる部分があると摘み取ったり、すぐ切り戻して見映えよく整えてきましたが、こういう姿の『花月錦』を見つめてきて、どんな状態であろうとありのままを愛でるという愉しみ方もあっていいと気づかされました。

2013年8月 1日 (木)

ダイソーの斑入り多肉

近所のスーパーの中にあるダイソーに、多肉コーナーが出現していました!
ずーーっと昔に多肉が売られていたことがあったのですが、急になくなって、以来、他の方のブログに「百均で入手」というのを見るたびに、懐かしく、うらやましく思っていました。

初めは、フェイクかな、と思いましたが、『本物です』とPOPが掲げられていたので、飛びついて物色。
でも、どれもあまり珍しいものではなく、私にとって興味がないか、すでに持っているものがほとんどでした。

でも、「多肉販売再開の記念に、何か買いたいなー」と何度もぐるぐる見回していると、「おやっ?」という多肉がありました。
それが、これです。

0130801_1

一つだけ斑入りだったので、目に留まりました。
でも名札がありません。

見たことあるような、ないような……。
ないような、あるような……(・・?。

買って帰って、手元にあった本で調べてみると、一番それらしいのは『花蔓草錦』でした。
でもちょっと違うみたい――。

ネットで根気よく調べてみると……ありました\(~o~)/。

その名は、クラッスラ属の『ペルシダ マルギナリス』。

クラッスラということは、夏弱い。
ということで、すぐに風通しのよい土に植え替えました。
2株入っていたので、別々に。

0130801_2

0130801_3

多肉植物に親しむようになって何年か経ちますが、いろんな方のブログやショップで、もうだいたいの種類を見てきたというのに、まだ見知らぬ多肉とダイソーで出合えるなんて、本当に嬉しい驚きでした。

2010年7月23日 (金)

意外な開花

ベンケイソウ科クラッスラ属「十字星」に、何と花が咲きました。

葉の形を愉しむだけのものだとばかり思っていて、花をつけてくれるなんてまったく頭にありませんでした。
花芽の出現も、はじめは新しい葉だと思っていたのです。

Minami100629c

それがだんだんと葉とは違う様相を呈してきて、もしやもしやと期待と不安の入り交じった数週間が過ぎ、その小さな粒々のつぼみから、5ミリほどの黄色とも黄緑色ともつかない花をポチッと開いたのでした。

Minami100629c_1

今までインターネットでも本でも「十字星」の花を目にしたことがなく、花が咲くものなんだと本当に驚きました。

あまり目をかけてあげていなかったのに、ありがとう。

2009年4月12日 (日)

元気なクラッスラ2

ベンケイソウ科クラッスラ属「ロゲルシー」です。

短い産毛が一面に生えていて、見た目も肌触りもビロードのよう。

R003

丸っこい葉も可愛いです。

すべて挿し穂で増やしました。

R003b

2009年4月10日 (金)

イキイキクラッスラ

ベンケイソウ科クラッスラ属「銀箭(ギンセン)」。

真っ白く柔かい毛をまとったとんがり葉っぱが、ギッシリひしめき合っています。

葉が短めなのが可愛いです。

G002

2007年6月29日 (金)

我が家の金のなる木

冬が過ぎる頃まで怖ろしいくらい満開だった、我が家の大きな方の金のなる木。
葉がしわしわになってきたのでそういう葉を摘み取ったり、根っこが土と固まっていたのでほぐしていたら根っこをすごく小さく短くしてしまって、どんどん元気がなくなって、また悪い葉を全部摘み取って……としていたらすごく情けない姿になってしまって、もう捨てるしかないか(ToT)と思ってそのままにしていたら、若い小さな芽が出始めました(゜o゜)。

根っこに見合った小さな浅い鉢に植え替えて、(水があまり好きじゃないんですね……)水やりも控えています(寂しい……(-_-;))。元気そうです。

グリーンネックレスの一切れを以前入手して水をやっていたら、これも色が悪くなってきてしぼんでしまって、もうダメかもしれませんが、小さめの粒はちょっと色もいいし、先っぽから新しい緑が見えているような気もするので、水やり控え目仲間として一緒に植えて(置いて)います。

我が家の小さい方だった金のなる木が、今では大きい方になりましたが、本に葉が茂っていても小さめの鉢に植えている写真が載っていて、それがとっても美しい姿なので、大き目の鉢から一回り小さな鉢に替えました。

Kane4

2007年5月22日 (火)

我が家の金のなる木

我が家には大小の「金のなる木(クラッスラ)」があって、大きいほうの葉がしわしわになって、水をやっても良くならないので、鉢が小さいのかと思い、一回り大きな鉢に植え替えましたが、一向に変わりません。

よく見てみると、根っこに固まっている土がもう粘土のように固くなっていたので、原因はこれかもと思って、今日鉢から取り出してカチコチの土と根をほぐして、根っこもかなり減らしました。
それでもほぐせない土は水をかけてほぐしていくと、根っこ部分がかなり小さくなってしまって、植えてもグラグラ(-_-;)。しょうがないので布のガムテープで十字に鉢と固定しました。大丈夫かなぁ……。
しばらく様子を見て、回復しないようなら、先の方のちょっと元気の良さそうなところで挿し木にしようと思います。
冬には青々と元気だったのに……。ごめんなさい(T_T)。

Kane

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ