カテゴリー「散歩道」の記事

2017年4月10日 (月)

今年のつくしのそれから

今月2日、またつくし畑を通ると、大分、スギナが勢力を伸ばし始めていました。

0410_1

まだ若いつくしも見られます。
青草たちもぐんぐん勢いを増す中、かなり背伸びをしています。

0410_2

6日、スギナの範囲が拡がっていました。

0410_3

0410_4

そして、昨日の雨上がりのつくしスギナ畑。
0410_5

スギナたちはキラキラ生き生きしていますが、つくしたちはぐったりです。
0410_6

来年もまた、春を知らせてくれるでしょう!

2017年3月31日 (金)

今年のつくし

近所のスーパーセンターへの道すがら、毎年つくしを見られる場所があります。

今年も3月に入って、「まだかなー」と目を凝らしながら通り過ぎるのが日課になっていました。

すると17日、お馴染みの姿が現れていました。

0330_1

この時は、まだ頭の青い若いつくしがほとんどです。

0330_2

1週間後、胞子を放ち終わったつくしも多く見られるようになりました。

0330_3

0330_4

そろそろ、スギナにバトンタッチしている頃でしょうか……。

0330_5

2013年11月18日 (月)

田んぼに場違いな花

稲刈りが済んで久しい田んぼの中に、とても美しい花が咲いていました。

0131118_1

生まれて初めて見る花です。
リンドウの仲間? キキョウの仲間?
草花でしょうか、それともれっきとした花?
ツリガネソウにも似ています。

0131118_2

つぼみはキキョウに似てるかな?

0131118_3

本やネットで調べまくりましたが、名前が分かりません。

どなたか、ご存知の方がいらっしゃったら、どうぞ教えてくださいm(__)m。

2012年6月19日 (火)

気になる木

毎年秋になると、オリーブに似たこんな実をたくさんつける散歩道の木。

0120619_1

去年は実がついてからこの木のことを気にとめるようになったのですが、今年はどんな花をつけるのか、通るたびに注目していました。

そして先月、こんな清楚な花をいっぱい咲かせているのを撮影できました。

0120619_2

その花々も朽ち、現在は若い緑の実になっています。

0120619_3

2012年6月 8日 (金)

しとやかな草花

5月ごろから、道端でよく見かけるようになったこのピンクの草花。
とても可愛いらしくて、ファンになりました。

C120608_1

それが昨日通りかかったとき、思わず足が止まったのです。
お分かりになりますか?

C120608_2

何と、一輪だけ、白い花があるじゃありませんか!!

C120608_3

見慣れたピンクの花も可愛いですが、初対面のこの白い花にも心を奪われました。

今度あの道を通るときには、もう幾輪か咲いているのを見てみたいな。

2012年4月12日 (木)

道路沿いのスミレたち

スミレの花咲く季節になりましたね。

散歩の途中にいつもと違う道を抜けると、道路沿いに紫のスミレが並んで咲いていました。

C120412_1

排気ガスを浴びながらも、凛とした美しさを保っています。

C120412_2

別の道には、純白のスミレ。

C120412_3

紫のラインが見事に映えています。

C120412_4

2012年4月 1日 (日)

桜とミツバチと・・・?の卵

散歩道にいつの間にか咲いていた艶やかな桜の花。
下向きにラッパを吊り下げたような咲き方、初めは桜だとはわかりませんでした。
調べてみると、「寒緋桜(カンヒザクラ)という品種らしいです。

C120401_1

下から覗き込むと、こうなっています。

C120401_2

ミツバチが花粉や蜜を集めにやって来ました。

C120401_3

「刺されませんように」と祈りながら、お仕事を見学させてもらいました。
お尻のしましまやうぶ毛が可愛いですね。

C120401_4

枝にはところどころにいくつもこんな卵がくっついていました。
卵にはどれもちゃんと窓が開いていて、正体も生死も不明の虫が入っています。

C120401_5

2011年10月 1日 (土)

雨の日の芙蓉

昨日、秋雨降る中、買い物ついでの散歩に出かけました。
毎年、美しい花を見せてくれる民家のお庭の芙蓉の花が、今年もたわわに咲き誇っていました。

0111001_1

雨に濡れて、しっとりと私を迎えてくれたのは、芙蓉だけではありません。

食事と雨宿りの一石二鳥を実践中の生き物が、待っていてくれました。

0111001_2

2011年9月10日 (土)

セスジスズメ(蛾)の幼虫

アスファルトの道路脇に、美しいツユクサのひとかたまりを見つけました。

ツユクサは、花の青色も、葉っぱの緑もすがすがしく、残暑のカンカン照りの太陽の下で、一服の清涼剤のようです。

0110910_1

――と、涼やかな気持ちで見ていたとき、黒いウニウニしたものが這い出してきました。
これは、去年も出会った幼虫!
ギョッとはしたものの、別に噛み付いたりしてこないので、じっくり撮影しました。

0110910_2

そのうちに、道路にはみ出している一茎に伝わってきて、やっぱりノロノロし続けているので、もし車が来たら……と心配に思い始めましたが、二日後に通りかかったときにもちゃんといて、ちょっとふっくら育っている姿を確認できました。

2011年7月25日 (月)

染料になりそう?

我が家の多肉・サボテンたちは、すっかり今年の夏にまいってしまっています……。
どんどん鉢数が減ってきています(ーー;)。

とっても寂しいです……。

今日、買い物のため出かけると、水路沿いにあでやかな花に目が止まりました。

アサガオ系でしょうか?
濃い紫の花びらに、赤い放射状のラインが入っています。

0110725_2

「花粉が飛び散っているのは、さっき飛んでいたアゲハチョウの仕業かなー」などと、楽しい想像をしながら撮影しました。

より以前の記事一覧

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

スポンサード リンク1

スポンサード リンク2

スポンサード リンク3

無料ブログはココログ